ビルドンザッキ

日記とも言えない毎日の雑な記録

今週はずっと食生活について考えている

【2021年2月17日(水)】

小一時間ほど雪が降っていた。

朝のジョギングの帰りだ。

ジョギングと言っても、公園まで走っていって、2周ほどでウォーキングに切り替えた。

昨日も走ったからか、睡眠時間が短かったからか、調子が出なかった。

通勤の時に階段を登っていると左膝に痛み。

無理して走らなくて良かったと心から思った。

別に早足のウォーキングでも効果はあるだろう。

そもそも朝にジョギングやウォーキングをする意味があるのかと、サボる言い訳を探して何度も考えてしまう。

ただ、朝にシャワーは浴びたい。

神のまとまりが良くなるからだ。

寝癖ができることは稀だが、毛先が揃わないことはしょっちゅうだ。

別にそのまま外出しても変ではないが、自分が気にする。

せっかくきれいに伸ばしているのだから、きれいな形を晒したい。

そんなわけで、寝ている間に変な方向に曲がった毛先をリセットするためにシャワーを浴びたい。

そのためだけにシャワーを浴びるのももったいないので、ついでに体を動かして汗もかいたほうがお得な気がするというだけだ。

貧乏性なのだ。

 

今日は18時半ごろに退社できた。

帰宅後すぐにメインブログの更新もできて気分がいい。

時間があったから玄米を炊いて晩ご飯にした。

下っ腹が出ているのはどうやら姿勢が原因らしいと気づいたので、食事制限は少し緩んでしまった。

ただ、炊飯を待つ時間は好きだ。

待ち時間というのは無意識に有意義に使おうとする。

だから、漠然とだらだら過ごすことがなくなる。

「ご飯が炊けるまで後1時間ある。1時間で何かできることは?」と探し出す。

これが朝から夜まで自由時間だと「まだまだ時間あるし」と楽な方へ逃げしまうから休日がなかなか有意義に過ごせないのだが。

休日にも絶対に外れない用事を何か入れるか……。

それとも、炊飯待ちを利用して、休日は何度もご飯を炊いてちびちび食べるか……。

 

そもそも玄米は必要なのだろうか……。

しかし、大豆だけだと栄養が偏ることは間違い無いわけで。

それに、玄米はふるさと納税で1日1合なら賄える。

玄米を止めると、逆にふるさと納税で何か得できる返礼品はあるだろうか。

そう、もう確定申告ができるはずだ。

昨年のふるさと納税を無駄にしないように、確定申告をしっかりしなくては。

ワンストップ制度でもいいのだが、書類を送る切手代をケチって確定申告にした。

去年は医療費が10万円を超えたから確定申告をしている。

そんなに面倒な記憶はなかったので、休日に時間を見つけて取り組めば1時間で終わると考えている。

 

今週の休日こそ有意義にするぞと、木曜日あたりから意気込むのだが、なかなか実現できていない。

図書館に行ったり、そこで借りた本を読んでいたりすればまあ「無駄にした」という感覚にはならない程度だ。

 

来週の火曜日が祝日なので、月曜日に有給を取って休みたいところ。

今のところ休めそうな雰囲気ではあるが……