ビルドンザッキ

日記とも言えない毎日の雑な記録

「柔軟な時間の使い方」という言い訳のもとに早く寝る

202122日(火)】

昨夜は雨が降っていた。

雨だと外を走れないので、帰宅してシャワーを浴びればすぐに眠れる。

だからいつもより眠れたらしく、起きた時のスッキリした感覚がいつもより大きかった。

とはいえアラームで起きるのはそのままだ。

やはり、アラームなしで自然に起きれてこそ、十分な睡眠が取れているというもの。

1ヶ月ほど続けていた夜ダッシュだが、少し休んでみようと思う。

本音を言えば面倒だからに他ならないが、今まで夜に走っていた時間がすっぽり抜けただけで、なんだか時間に余裕ができたように感じる。

引き出しから覚えのないお金が出てきた時の感覚に近い。

もともと持っていたものなのに、存在を忘れていて、不意に現れるので得した気分になるのだ。

今までは23時まで自習室に居座って、帰ったら30分ほど使って外を走っていた。

別にダラダラと過ごすだけなら23時まで自習室にいなくても、ブログを更新してさっさと帰ったっていい。

そして外を走らないのなら、そのままシャワーを浴びて寝てしまうことだってできる。

外を走らないのはダイエットとしてどうかとも思うが、かといって、倦怠感と義務感に挟まれて暴食に逃げてしまうよりは、運動はしないけど、食事もせずにさっさと寝てしまう方がましというものだ。

 

というか、走るのが怖いくらい空腹を感じている。

今朝は実家でもらったパイナップルを食べた。

1個まるまるだ。

美味しかったし、嵩もあったが、水分が多いので腹に堪らない。

そのままほとんど何も食べずに夜を迎えているのだから、空腹で当然だ。

節分なのを言い訳に恵方巻きでも買って食べたくなる。

 

節分といえば、毎年決まった方角を向いて、恵方巻きをしゃべらずに食べ切るという験担ぎがある。

どうしても恵方巻きを咥える女性とフェラチオを重ねてしまう。

射精させるまで喋ってはいけない「恵方フェラ」プレイをするカップルは、今夜何人いるのだろう……

 

TVerでいくつか動画を見た。

シンパイ賞で吉住の密着をしていたが、かなり興味深かった。

顔を知られたくない、彼氏がいたことない、5時間歩いて帰る……

特に、ひたすら歩くのは良いことだ。

自分も、年末年始は実家で暇してたので、4時間ほど散歩をしていた。

やはり考え事は歩いている時が1番捗る。

そんなに歩いていれば、大会で優勝できるようなネタを考えられるのも当然かもしれない。

なかなか興味をそそられる性質を持っている。

「こんな自分も頑張ろう」と思えた。